東京都鍼灸師会C講座【対面】

講習会情報【第3回 東京都福祉保健局委託講習会】

令和4年度 東京都 福祉保健局委託講座
共通テーマ「更年期症状に対する漢方と鍼灸の取組み」

東京都鍼灸師会では、毎年、東京都福祉保健局より委託を受け、講習会を実施しています。
本年度は「更年期症状に対する漢方と鍼灸の取組み」をテーマに、全3回の講習会を実施します。
更年期のつらい症状に対する東洋医学的アプローチについて、第1回は「漢方」、第2回は「鍼」、第3回は「灸」、それぞれの角度から学びます。
※本講座は(公社)全日本鍼灸学会認定C講座です。

【第3回 東京都福祉保健局委託講習会】
※対面講義とWEB講義の2形式で開催します。

【演題】「更年期女性を支えるお灸」
【講師】越石まつ江(こしいしまつえ)先生
◆対面講義(対面講義および実技供覧を行います)
【日時】2022年11月27日(日)14:00~15:40(13:30開場)
【会場】東京医療福祉専門学校 実技室(〒104-0032 東京都中央区八丁堀1-11-11)
【定員】20人(申込み先着順)

◆WEB講義(講義および実技の録画を視聴いただけます。YouTube期間限定配信)
【配信期間】12月11日(日)10:00~12月18日(日)23:59
【定員】300人(申込み先着順)
※申込者に対し、視聴URLをメールで送信いたします。(視聴は申込み者のみ)
【申込受付開始】2022年11月1日(火)10:00~
【申込期限】2022年11月19日(土) 23:59
※対面・WEB、それぞれの定員に達し次第、受付終了とさせていただきます。
【参加費】どなたでも無料
【申込方法】
※対面、WEB、それぞれ申込フォームが異なりますのでご注意ください。
※対面に参加の方で、WEBも参加を希望する場合、必ず両方とも申込みしてください。
「東京都鍼灸師会のホームページ」の
 「講習会情報」に掲載の
「第3回 東京都福祉保健局委託講習会」
「専用申し込みフォーム」からお願いします。
※メールアドレスの入力間違いがないよう、ご注意ください。
お問合せ:公益社団法人 東京都鍼灸師会 都委託講習会運営委員会
itaku-lecture@harikyu-tokyo.or.jp
電 話:03-3985-7501 (平日9:00~17:00)

講師から皆様へ

越石鍼灸院では、“心地よい”“痕に残らない”お灸に特化した治療を行っています。紫雲膏に代わり自社開発の「お灸バーム」を使用して2種類の灸法(多壮灸と糸状灸)を用いています。多壮灸は、「お灸バーム」を厚めに塗って(直径4mm、高さ3mm程度)小豆大の艾炷をのせて点火して多壮する灸法であり、深部に伝わるような心地よい温熱感を与えます。糸状灸は、病変部の面または線上に点状に塗って糸状の艾炷をたくさん点火して一分消しする灸法であり、皮膚上に軽度の熱刺激を与えて広く活性化させます。これら2種類の灸法を患者様の病態に合わせて駆使することにより様々な愁訴にアプローチすることができます。
更年期障害では、加齢による性ホルモンの減少に伴う諸症状に加えて、これまでの生活習慣の延長による症状が加わっている気がいたします。その改善には、全身調整に加えて、それぞれの愁訴に応じたアプローチを行っています。症状には個人差が大きく一様ではないため、更年期症状に特化した灸治療はございませんが、患者様からの訴えをよく聴取して触診により身体の反応をよく観察して治療に当たることが大事であると考えております。
灸治療は、内分泌系など体液性に作用して身体の不調を根本的に改善することを経験していますので、本講義でもその魅力を皆様にお伝えできれば幸いです。


 

Mail magazine

年間100件以上の、認定研修会、講演会の日程などのお知らせが届く、メールマガジンを配信しています。会員以外の皆様も歓迎いたします。ぜひご登録ください。

解約される場合

会長へのご意見

学会運営に関するご意見は、こちらにお寄せください。頂いた貴重なご意見やご感想は、今後の運営の参考とさせていただきます。

鍼灸師・医師・研究者・
学生・賛同される方へ

入会のご案内 学術大会・
研修会
学会認定