(公社)宮城県鍼灸師会C講座【対面・WEB】

第55回東北鍼灸学会学術大会宮城大会・C講座
 大会テーマ
『新世代につなぐ鍼灸の伝統と可能性
       ~くらしに寄り添う身近なはりきゅう~』

日時:令和6年8月31日(土)14時 ~ 9月1日(日)12時50分
(13時15分開場)
場所:仙台赤門医療専門学校国分町校舎2階講堂
〒980-0803 宮城県仙台市青葉区国分町1-6-7
Zoomオンライン併催(講座終了後20日間アーカイブ放映あり)

大会内容
8月31日(土)
一般口演 14:15〜15:30
・第1席「新型コロナ後遺症に対する円皮鍼を用いた一症例」
演者 小原芽久美(岩手県)
・第2席「医療連携が鍼灸院の経営に及ぼす影響」    演者 高橋 吉明(福島県)
・第3席「右肩痛の一症例」              演者 佐々木直哉(青森県)

特別講演 15:45〜17:15
演題:「温灸の考え方とその実際」
講師:みやかわ温灸院院長 広島大学医学部客員准教授 宮川 浩也 先生
講演時間:15時45分~17時15分(90分)
認定ポイント:1ポイント

9月1日(日)
一般口演 9:30〜10:45
・第4席「備前百会灸によるVDT症候群治療の一症例」 演者 鈴木 真太郎(宮城県)
・第5席「一穴で全身症状が改善する鍼灸の不思議」  演者 木村 謙一(秋田県)
・第6席「パーキンソン病の一症例」         演者 熊澤 竜也(山形県)

シンポジウム 11:00〜12:30
 テーマ「人々にとってはり灸がもっと身近になるには?
―患者アンケート、他分野から見た鍼灸の可能性―」
シンポジスト
  片寄 大 先生(宮城利府掖済会病院副院長 内科医 漢方医)
  島谷 剛美先生(中島病院 整形外科副部長)
  大泉 大介 氏(河北新報 編集局せんだい情報部長)

参加費(オンライン含む):
事前 会員  8,000円/ 一般 12,000円/ 学生 3,000円
当日 会員  12,000円/ 一般 15,000円/ 学生 3,000円
   *会員とは(公社)日本鍼灸学会会員と(公社)全日本鍼灸学会会員。
   *学生は、当日学生証を提示。
参加申し込み方法:
・申し込みフォームまたは公益社団法人宮城県鍼灸師会HPよりお申込み下さい。
申し込みフォーム:https://forms.gle/yqrcuqYNzRfeAKiT9
 HP:https://miyagi-harikyu.jp/
・指定用紙のない場合、郵便局備え付けの振替用紙にご記入の上、お申し込み下さい。
 口座番号 0227=5=134980
 加入者名 公益社団法人宮城県鍼灸師会
 申し込み締め切り日 令和6年8月10日(土)
・申し込み締め切り日を過ぎた場合は、当日申し込みの金額を受付でお支払いください。
・オンライン配信につきましては、zoomを使用し、定員を100名までとします。大会終了後アーカイブ配信を行う予定です。参加費払込済みで会場・オンライン参加の方にはGoogleフォームに登録されたメールアドレスにzoom URLをお送りします。
 編集・準備に数日かかる場合がございますのでご了承ください。
連絡先:第55回東北鍼灸学会学術大会宮城大会事務局  神成 有己
E-Mail:ryk200601985@gmail.com TEL:022-375-8235

Mail magazine

年間100件以上の、認定研修会、講演会の日程などのお知らせが届く、メールマガジンを配信しています。会員以外の皆様も歓迎いたします。ぜひご登録ください。

解約される場合

会長へのご意見

学会運営に関するご意見は、こちらにお寄せください。頂いた貴重なご意見やご感想は、今後の運営の参考とさせていただきます。

鍼灸師・医師・研究者・
学生・賛同される方へ

入会のご案内 学術大会・
研修会
学会認定