第25回 日本統合医療学会学術大会(京都大会)のご案内

令和3年10月10日

第25回 日本統合医療学会学術大会(京都大会)のご案内

日本では、人口構造の変容による超少子・高齢・人口減少・独身社会の進展に伴い、社会や疾病の構造が変化し、医療システムにも影響を及ぼしています。そのため、これまでの医療システムだけでは、多様な医療的、社会的ニーズに対応できず、その枠組みを補い、発展させた医療システムが希求されるようになりました。その要望に応えようとする医療システムが、近代医療と共に伝統医療や補完代替医療を併用する「統合医療」による「医療モデル」と「社会モデル」の実践です。
 日本統合医療学会学術大会は、本大会で25回を迎えます。四半世紀の節目の学術大会であるとの認識のもとに、大会テーマを「統合医療の未来-エコロジー・自然治癒力・ソーシャルキャピタル-」としました。多発する自然災害、ITの発達による産業構造の変貌、そしてこの度の新型コロナウイルス感染症によるパンデミックの襲来など、不確実な社会の到来を見据え、未来を拓くキーワードとして、➀エコロジー、➁自然治癒力、➂ソーシャルキャピタルを取り上げました。これらのキーワードに込めた思いは、持続可能な社会を目指した自然と人との調和への回帰であり、自然免疫を始めとする自然治癒力の再認識、そして人と人とが交流する場の重要性への気づきと実践です。それらの底流にあるのは、私たちの郷愁であり、古いものとして捨て去ってきたものです。今こそ、これらを、人類の英知である人文・社会・自然科学の最新の知見によって新しく蘇らせることは、「統合医療の未来」を拓く大きな力になるものと確信しています。まさに「温故知新」の精神で、「統合医療の未来」の地平を拓こうとする挑戦的な学術大会を展開いたします。
多くの皆様方のご参加をお待ちしています。

大 会 名:第25回 日本統合医療学会学術大会(京都大会)
テ ー マ:「統合医療の未来-エコロジー・自然治癒力・ソーシャルキャピタル-」
大 会 長:矢野 忠(明治国際医療大学 学長)
大会会期:令和3(2021)年12月18日(土)・19日(日)
大会形式:WEBによる開催 オンデマンドとオンライン
参 加 費:京都大会指定の学会となるため、(公社)全日本鍼灸学会会員の参加費は会員に準じます。
     早期参加登録10,000円(10月31日まで)
     後期参加登録12,000円(11月1日から12月17日まで)

参加登録:【京都大会の限定】「会員」として登録してください。
特に所属は、会名を略さず指定団体名(公益社団法人全日本鍼灸学会)の正式名称を記載してください。

ホームページ:https://web.apollon.nta.co.jp/imj2021/

第25回 日本統合医療学会 京都大会の概要

大会長講演:1演題
「統合医療の未来」         演者:矢野 忠(明治国際医療大学)

代表理事講演
「日本統合医療学会の未来」*    演者:伊藤壽記(日本統合医療学会)

基調講演:2演題
1.「21世紀の新たな社会像」*   演者:広井良典(京都大学こころの未来センター)
2.「21世紀の新たな医学体系」*  演者:長谷川敏彦(未来医療研究機構)

教育講演:5演題
1.「医療社会学における統合医療の姿」*       演者:佐藤純一(元高知大学)
2.「災害と統合医療;多職種連携で支える災害医療」* 
演者:小井土雄一(厚生労働省医政局災害対策室DMAT)
3.「ウイルスとは何か、ウイルスの共生関係と進化」* 
演者:宮沢孝幸(京都大学ウイルス・再生医科学研究所)
4.「日本の統合医療の源流:今甦る『家庭における実際的看護の秘訣』通称『赤本』の世界」*
演者:川島みどり(健和会臨床看護学研究所)
5.「オープンダイアログとは」*       演者:森川すいめい((特非)TENOHASI)

特別講演:4演題
1.「サバイバルする皮膚・体表の情報処理システム」
演者:傳田光洋(明治大学先端数理科学インスティテュート)
2.「食と農のエコロジー」*         演者:藤原辰史(京都大学人文科学研究所)

海外招聘講演:1演題
「COVID-19に対する統合医療:キューバ公衆衛生省自然伝統医療局の取り組み」*
「デジタル社会と統合医療:ブロックチェーン、5G、ロボティックス、AI」*
シンポジウム:8演題
1.「統合医療社会モデルとソーシャルキャピタルの考察~統合医療社会モデルへの期待~」
2.「災害と統合医療:複合災害と災害医療(被災者支援・支援者支援)」*
3.「デジタルエコシステム技術とエコシステム社会モデルの関係~5G・AI等の現在~」
4.「看護と統合医療~予防から看取りまで~」*
5.「日本の伝統的知識と統合医療-地域資源の健康及び地域活性化への利活用-」*
6.「性差の統合医療」(本部企画)*
7.「地域における統合医療の利活用の課題」*
8.「地域に開かれた医療者養成機関の試み」*        *は(仮題)を示す

Mail magazine

年間100件以上の、認定研修会、講演会の日程などのお知らせが届く、メールマガジンを配信しています。会員以外の皆様も歓迎いたします。ぜひご登録ください。

解約される場合

鍼灸師・医師・研究者・
学生・賛同される方へ

入会のご案内 学術大会・
研修会
学会認定