目的と規則

認定制度の目的

認定制度は、学会員の鍼灸学に関する学術ならびに資質の向上を生涯にわたって図ることを目的として平成11年度から施行された生涯研修システムを内包した制度です。本制度は学会の大きな仕事のひとつであると認識しています。本制度は学会にとって必要不可欠の制度であります。その理由を一言で述べるとすれば、それは、本学会が鍼灸医学の学術に関わる専門家によって組織されている集団だからであります。

鍼灸医学は、我が国の伝統医学です。医学・医療の職種は、その本質において、人の人生に何らかの影響を及ぼす職業であります。それだけに他の職種よりも厳しい倫理が社会から求められます。医の倫理の実体が人間愛と技術愛であるとすれば、当然ながらそこに関わる者として、常に学術ならびに資質の向上を図ることは当然の責務であります。会員1人ひとりのたゆみない営為によって学術は確実に発展し、臨床においては安心と安全、そして適切な診療を提供することができるものと考えています。

専門家集団としての学会は、当然ながら会員1人ひとりの学術ならびに資質の向上が図られるよう会の運営を充実させなければなりませんが、会員1人ひとりの質の向上はとりもなおさず学会の質の向上の基盤ともなります。そうした会員の学術のレベルを認定することは、下記に示すようにいわば学会の社会に対する責務でもあると考えています。

認定制度は、現段階では学会員の鍼灸医学に関する学術のレベルを認定するものであり、そのこと自体が直接的な利益に繋がるような制度ではありません。しかし、社会はいつの時代においても常に医療関係者に医療の質とたゆまない資質の向上を求めます。特に近年は医療関係者の資質について、外から見えるようにすること、すなわち公開性が求められています。本学会は、そうした社会の要望に応えるかたちで認定制度を活用したいと考えています。

これからの医療は、従来の枠組みでは捉えにくいような発展が予想されますが、時代背景と動向を勘案しつつ、鍼灸医療における認定制度がより充実した制度になるよう、そしてこの制度が会員1人ひとりにとって有益な制度になるよう更なる改正を検討していきたいと思います。

(公社)全日本鍼灸学会 認定委員会
委員長 久光 正(2004年度)

全日本鍼灸学会認定制度規則

(目 的)
第1条 この制度は、学会員の鍼灸学に関する学術並びに資質の向上を生涯にわたって図ることを目的とする。

(認定委員会)
第2条 前条の目的を達成し運営を図るため、学会に認定委員会を設置する。

(認定の要件)
第3条 認定の要件は、一定以上の学会在籍年数と一定の学術水準を有すると認められる者とする。一定の学術水準とは、 学会の行う学術事業及び生涯研修等の履修、並びに認定試験をもって示す。

(審 査)
第4条 認定の審査は、認定委員会が申請者に対して行う。

(登 録)
第5条 審査に合格した者は、学会に認定の登録をしなければならない。

(認定証)
第6条 学会会長は、学会に登録した者に対し認定証を交付する。

(期 限)
第7条 認定の期限は5年間とする。

(更 新)
第8条 認定の更新は5年ごとに行う。

(施行規則)
第9条 この規則の施行についての細則は、別に定める。

(規則の変更)
第10条 この規則は、理事会の議決により変更することができる。

(附 則)
この規則は、公益社団法人移行に伴い、平成25年4月1日より施行する。

Mail magazine

年間100件以上の、認定研修会、講演会の日程などのお知らせが届く、メールマガジンを配信しています。会員以外の皆様も歓迎いたします。ぜひご登録ください。

解約される場合

鍼灸師・医師・研究者・
学生・賛同される方へ

入会のご案内 学術大会・
研修会
学会認定