鍼灸と安全

「安全性委員会」より、
鍼灸の安全性にかかわる情報をお知らせします。

鍼灸施術現場のコロナ対策

コロナ禍においては、施術者はもとより施術を受ける患者様におかれましても、感染の不安を感じておられることでしょう。
ここでは、当委員会より学会員に向けて提示した、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の対象地域および感染症患者が増加傾向にある地域での「鍼灸施術を行う際の注意点」をご紹介します。

  1. 施術者は毎日施術前に体温を測定し、発熱している場合や感冒症状(咳、鼻水など)がみられる場合は施術しない。
  2. 施術室および待合室に多くの患者が同一時間帯に滞在することのないよう予約などで患者が分散するよう配慮する。また、有事の際にクラスター対策に協力できるよう患者の連絡先や施術日時を正確に記録しておく。
  3. 施術室および待合室は、窓やドアを開ける、換気扇を作動させるなどして可能な限り換気をおこなう。
  4. 患者に対して施術前に体温測定と感冒症状の有無を確認しカルテに記載する。発熱している場合や感冒症状がみられる場合は施術をおこなわない。なお、患者に使用した体温計(非接触型は除く)はその都度清拭消毒をおこなう。
  5. 新型コロナウイルス感染症では無症状患者が存在することを考慮し、問診も含めた施術に際しては施術者・患者の双方がマスクを着用する。この際のマスクは布マスクでも構わない。
  6. 施術者は、施術の前後に必ず手指衛生(手洗いまたは手指消毒)を実施する。また、可能であれば、施術時は医療用手袋を着用することが望ましい。医療用手袋は単回使用とし患者毎に交換・廃棄する。手袋を外した後も必ず手指衛生を実施する。
  7. 患者に使用したタオルやリネン類は、患者毎に交換・洗濯をおこなう。
  8. 施術後毎に、患者が触れたと思われる環境表面(ドアノブ、手すり、トイレなど)の清拭消毒をおこなう。また、患者に使用(接触)した枕、胸当て、施術ベッド、物療機器についても、同様に清拭消毒または洗浄をおこなう。
  9. 初診患者に対しては基礎疾患の有無、渡航歴を確認する。なお、継続患者であっても心疾患、呼吸器疾患、糖尿病を有している場合は施術の必要性を十分検討し、必要な場合は医師(かかりつけ医)と連携を図りつつ実施する。
  10. 医療施設内で施術を行っている場合は、その施設の方針に従う。

※本指針は、学会員に対して施術の際の行動を強制するものではなく、また、施術の安全を保証するものでもありません。
※一般的な感染防止対策の内容に関しましては、本学会のホームページの『鍼灸安全対策ガイドライン2020年度版』を参考にしていただくようお願い致します。

Mail magazine

年間100件以上の、認定研修会、講演会の日程などのお知らせが届く、メールマガジンを配信しています。会員以外の皆様も歓迎いたします。ぜひご登録ください。

解約される場合

鍼灸師・医師・研究者・
学生・賛同される方へ

入会のご案内 学術大会・
研修会
学会認定