第9回厚生労働省ICFシンポジウム開催のお知らせ

WHO国際統計分類(WHO-FIC)に、ICD(国際疾病分類)、ICHI(医療行為分類)、ICF(国際生活機能分類)があり、WHOは「疾病-治療-評価」という一連の統計を取ろうとしています。2019年5月に採択されたICD-11(伝統医学を含む)に、ICFを用いた生活機能レベルの定量化を目的とする「第V章」が新たに盛り込まれ、WHO-FICに基づく統計調査が新たな段階を迎えようとしています。

今回、厚生労働省が主催するICD-11とICFの利活用推進のシンポジウムが開催されます。今後は鍼灸もこれらに基づく臨床データを構築し、エビデンスを集積していく必要があるため、ぜひともご参加ください。

  1. 名 称:第9回厚生労働省ICF(国際生活機能分類)シンポジウム
    ICD-11とICF利活用の新たなステージを展望する ~様々な現場における共通言語を目指して~
  2. 日時:令和3年2月20日(土)13:00~15:00
  3. 形 式:オンライン(zoom)開催(事前登録制)
  4. 参加費:無料
  5. 定 員:先着200名
  6. 主 催:厚生労働省
  7. 申込み:http://icf-japan.mhlw.go.jp/

Mail magazine

年間100件以上の、認定研修会、講演会の日程などのお知らせが届く、メールマガジンを配信しています。会員以外の皆様も歓迎いたします。ぜひご登録ください。

解約される場合

鍼灸師・医師・研究者・
学生・賛同される方へ

入会のご案内 学術大会・
研修会
学会認定